2017年9月29日金曜日

オーディオストックと権利あれこれ

こんにちは、これまでオーディオストックを応援しておりましたが、現時点では、否定的な立場に移りました

理由は、オーディオストックに限らず、使用権たるものを販売する音楽業者すべてにいえることですが、オーディオストック(以後AS)を例にすると、

まず一言で言えるのは、ASで楽曲販売が一度でも行われると、その曲は死んだと思ったほうがいい。(※個人的見解です)

理由は、ASでは、使用権という言葉で権利を販売しておりますが、著作権法に使用権という言葉はないそうで、何を表しているのかわからないんです。かつ期限は無期限です。
ジャスラックに電話で使用権という言葉を出すと、謎めかれます。

ジャスラックだと、原盤権、放送権、演奏権、インタラクティブ権など(これらが著作権法にあるのかは知りません)にいろいろ分かれていますが、ASの使用権は、独自の権利であり、購入すると放送も使用でき、ネットでの配信もでき、言い方を変えると、著作権は手元に残るといいながら、様々な権利を取られたも同然です。

一度でもASで売れてしまうと、その曲はもう、ジャスラック等管理団体には預けることが困難です。
ASで売れたものをジャスラックに放送権の管理を任せると、過去にさかのぼって、ジャスラックから、「あなた、これ、無断で放送しておりますね、お金払ってください。」といわれる可能性があります。
一方、ASで買った側は、「何を言うか、これは私が2000円も出して使用権を購入したのだ。正規に購入したのにさらに金を払えとはどういうことだ。」となり、ぶつかります。

著作権者がASとジャスラックに二重契約したことが原因となるわけです。

つまり、個人的見解として、ASで取り分40%なので2000円で売ると800円もらえるのですが、一旦800円で誰かに使用権とやらを売ると、もう二度とその曲は印税収入の対象にはできない、ということです。なぜなら、ASで購入した人がいろんな権利を行使できるからです。
(逆手に取ると、ASでの楽曲は「買い」かもしれません。2000円~3000円で様々なことに使えます。)

私はたった800円で自分の曲に永久に縛りをかけられるのは嫌です。

これからASで販売しようと登録する方は、その曲の未来をよく考えて登録すべきかもしれません。



余談
ASはこちらの取り分が40%しかなく、少なすぎだと多くいわれているのですが、ASいわく、海外の同業者もそれくらいであり、ビジネスが成り立つように設定されている、とのこと。
いやいや、ビジネスが成り立つのは、ASであり、40%ではわれわれはぜんぜんビジネスは成り立ちません。大切な曲を永遠に縛りをかけられる条件で売り出して、800円しかくれないのは、例え何回でも売ることができるとしても、せいぜい1回食事したらなくなるくらいの金額じゃないでしょうか。印税収入で当ると、年間何百万となることもあるので(逆に当らなければ全然お金は入ってきません、しかしそれはASも一緒)、さて、ASで売れることを、喜ぶべきか、悲しむべきか、皆さん次第です。

2017年9月5日火曜日

なぜ動画を扱わないのか

Banner

ノイズ除去処理サービスを開始したのに、なぜ動画ファイルの音声を扱わないのか

これには理由があり、動画から音声を抜き出して、音声で納品するのなら取り扱いできます

しかし普通は動画で依頼したら動画で戻ってきて欲しいでしょう。

音声のノイズ処理をしたあと、動画に音声を再び入れ込むには、うちの環境では、動画を再エンコードしなければならず、動画の質を落としてしまうことにつながるからです。

話はそれますが、よそ様のサービスでは、音声処理サービスで、「声を聞き取りやすく」とか、「ピアノのボリュームをそろえて」や、「残響を消して」といったサービスもございます。
うちがなぜそれをやらないか、技術が難しいというのもありますが、一番の理由は、音質劣化です。

例えば、ホールで演奏したピアノは残響があってピアノの音だと思っております。

特殊な事例を除いて、コンプをかけたりするのも、原音の質を損なうことだと思っております。

ノイズ処理はいたしますが、できるだけ原音を大切に、これがStudio Major7thの考え方です。

ピアノの聞こえにくいところを持ち上げたりしていると、もはやその方の演奏ではなくなってしまいます。状況判断で原音をできるだけ残すことを大事にしています。

目的は、ノイズ、雑音の除去です。原音を格好良くではないのです。

話は戻ります。
動画と音声を再エンコードせず、無劣化で一つの動画にする方法はないもんでしょうか。
ご存知の方いたら、一声おかけください。

Studio Major7th
http://major7th.jp/noise/

2017年9月4日月曜日

ノイズ処理について

Banner

ノイズ処理サービス始めました。
ノイズ処理をしていてわかってきたことが少しずつあります。


除去しやすいノイズ

単発で短いノイズ。
パン!とか、咳払いなど。

高音域のみに発生するノイズ。
自然音でも音楽(ピアノ演奏など)でも、高音域は結構スカスカなのです。
そのスカスカには大事な残響音が含まれていたりもするので簡単には消せませんが、そこにノイズが入ると目立つので、除去しやすいです。


除去しにくいノイズ

びゃ~~~とか、伸びるノイズ。さらに、他の音と重なって、音程が変わらないノイズなど。
あと、低音域に属するノイズ。これは、必要とされる音が低音域にあることが多いからです。しかし、人間がしゃべっているところにブレスノイズ(低音)が入ったりするのは、除去しやすいです。なぜなら、ブレスノイズは人間の声よりも低音域にあるノイズだからです。


要するに、必要な音と、除去したいノイズが重なると、除去しにくいですね。
その場合、ノイズを除去するというより、抑えるという処理に近くなります。

今後とも当サービスをよろしくお願い致します。
http://major7th.jp/noise/

2017年9月1日金曜日

ノイズ処理サービス

Banner

Studio Major7thでは
ノイズ処理サービスを開始致しました! 

大切な音声ファイルに混ざってしまったノイズを、手動で丁寧に除去致します。
価格もお手頃です。
是非ご利用くださいませ。

http://major7th.jp/noise/

人気の投稿